スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

かなわないと知っていても

もう一度行きたい場所がある、と詩人の長田弘さんは昨年3月に刊行された『人生の特別な一瞬』の「もう一度ゆきたい場所」という詩に綴っています。

060417s-garden1


その日、その時、その場所は、そしてその日、その時、その場所にいた時に感じていた心持は、2度と繰り返して味わえるものではないのですから、どんな一瞬のどんな経験も、振り返ることはできても、再現させることはかなわない。
時を経て建物は風化するし、樹々は生長する。

それでも、そこにあった思いを定着させたくて、写真が撮られ、文章が綴られる。

10代の頃、北の丸公園、千鳥ヶ淵の桜を、蕾がふくらみはじめる頃から開花まで、足繁く通って、土手で、ボートから、ただただ眺め続けていたことがありました。
桜の開花と前後して、公園や土手には色とりどりに花が咲きます。
中でも土手の緑に映えて、美しかったのが、れんぎょうと雪やなぎ。

決してめずらしいものではない、れんぎょうと雪やなぎですが、千鳥ヶ淵で「人生の春を謳歌しなさい!」と語りかけてくれたように感じたあの花々を玄関先に植えたかったのです。

そうして、春がめぐり来るごとに、「もう一度ゆきたい場所」へと思いを馳せるのです。
今年の春はのんびりしたあしどりでやってきて、何もかも一気に開花。

目の前の雑木の山の山ツツジ(ミツバツツジ)もそろそろ満開です。

昨年の球根を植え直したチューリップもやっと花開きました。

060417s-garden2



060417s-garden3



スポンサーサイト
06 : 15 : 02 | 過去ログ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ようこそ多治見へ | ホーム | 間宮香織 間宮智博 ガラスと絵>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://secretgarden77.blog38.fc2.com/tb.php/95-a8411667
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

m.

Author:m.
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

ヤングアダルト (2)
本 (3)
絵本 (3)
本屋 (1)
コンサート (14)
音楽覚え書き (3)
ミュージカル (2)
映画 (5)
DVD (24)
展覧会 (8)
旅 (107)
散歩 (109)
空 (22)
庭 (28)
ランチ (8)
台所仕事 (10)
雑感 (11)
ヤングママ (8)
過去ログ (25)
未分類 (1)
ご挨拶 (3)
お詫び (1)
ダイエット (7)
珈琲・喫茶 (3)
部屋のしつらえ (1)

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント

最新記事

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

フリーエリア

クリックで救える命がある。

ブロとも一覧


つらつら椿

幼幼遊鹿

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。