スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

「ジャングル・フィーバー」

r080612458MX.jpg
1991年 アメリカ
監督、脚本、制作: スパイク・リー
撮影:       マリク・ハッサン・サイード
音楽:       スティーヴィー・ワンダー、テレンス ブランチャード
出演:       ウェズリー・スナイプス(フリッパー)
           アナベラ・シオラ(アンジェラ・トゥッチ)
           オジー・デイビス(フリッパーの父親ザ・グッド・リヴェレンド・ドクター・パリフィ)
           ルビー・ディー(フリッパーの母親 ルシンダ・パリフィ)
           ロネット・マッキー
           ジョン・タトゥーロ(ポーリー・カーボーン)
           アンソニー・クイン(ポーリーの父)
           サミュエル・L・ジャクソン(フリッパーの兄ゲイター)
           ハル・ベリー
           スパイク・リー(サイラス)
           デルロイ・リンドー
           メキー・ファイファー
           イザイア・ワシントン


フリッパーは有能な設計技師。裕福な生活、小学生の娘とのオープンで親密な関係、何の不足もない生活を営んでいるように見えるが、人一倍黒い肌の黒人としての自負と白い肌の女性への好奇心を併せ持っている。

はじめ、上司に紹介された新しい派遣秘書アンジェラ(アンジー)がイタリア系の白人だったことが気に入らないと上司に談判、アフリカ系アメリカ人を望んだのに叶わなかったから。

アンジェラは、卒業後ずっと派遣の仕事をしてきた。母亡き後、家事全般は彼女一人の肩にかかっていた。当然のようにそれを享受している父親と兄二人。長く友人関係でいるカフェの主ポーリーは毅然として彼女を引っ張っていくタイプではない。

フリッパーは経営陣に加えてもらうだけの仕事はしている、と考えているが白人二人が設立した会社なのだから思うにまかせないであろうことを自分も白人と黒人のハーフでバイヤーのキャリアを積んでいる妻は承知していた様子。
フリッパーの父親は聖書に没頭、母親のルシンダは編み物、という日常を過ごしている。麻薬中毒で父親から勘当されたフリッパーの兄ゲイターは母親に「仕事に就くために100ドル支払う」とみえすいた嘘をついてまで金をせびりにくる。フリッパーも兄にせびられて融通している。
ついには父親のテレビまで薬代に消える事態に。
これが結末の悲劇への布石となっていく。

こんな背景を持ったフリッパーとアンジェラが男女の仲になってしまった。後にフリッパーが「白人に対する好奇心があった」と語り、アンジェラは煮え切らない男友達や、高圧的でひとりよがりな家族の重圧に耐えきれなかった、それ以上の惹かれ合うことの必然は映画の中には描かれていない。

フリッパーが高校教師の友人のサイラスにアンジェラとの情事を打ち明け、アンジェラも友人たちに話してしまった後の筋書きは必然的に破綻へと至る。サイラスの妻ベラはフリッパーの妻と親友同士、サイラスからつつぬけになった夫の素行に妻は怒り心頭。家で設計の仕事をするための道具など一切合切が窓越しに投げられる。

家を出たアンジェラと追い出されたフリッパーは小さな部屋を借りて暮らしはじめるのだが、アンジェラと外でふざけ合っていたフリッパーは警官から強姦犯として扱われる。「恋人よ。」というアンジェラに「恋人なんていうな。殺されちまう。」フリッパー。
個人的な偏見もある、人種同士のいがみあいもある、同じ人種の中で優劣があり、差別もある。社会的偏見にしばられて身動きがとれなくなることもある。個を保つのに、そのよりどころとするものが、育った家庭による偏り、まわりをとりまく友人たちの見解、時に暴力に左右され、ゆらぎ、心許ないものになっていく。制度としての差別がなくなっても、それはゴールではない。

紆余曲折あってもとの鞘に収まりそうな結末の前に、ついにフリッパーの兄にきれた父親が、またぞろ金をせびりにきた兄を銃殺してしまう、という何ともやりきれないエピソードがあって、元に戻れてよかったね、という終わり方ではない。

スポンサーサイト
15 : 40 : 04 | DVD | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<郡上八幡の吉田川、小駄良川、せせらぎ街道を通って馬瀬川 | ホーム | 秋空>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://secretgarden77.blog38.fc2.com/tb.php/37-526167ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

m.

Author:m.
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

ヤングアダルト (2)
本 (3)
絵本 (3)
本屋 (1)
コンサート (14)
音楽覚え書き (3)
ミュージカル (2)
映画 (5)
DVD (24)
展覧会 (8)
旅 (107)
散歩 (109)
空 (22)
庭 (28)
ランチ (8)
台所仕事 (10)
雑感 (11)
ヤングママ (8)
過去ログ (25)
未分類 (1)
ご挨拶 (3)
お詫び (1)
ダイエット (7)
珈琲・喫茶 (3)
部屋のしつらえ (1)

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント

最新記事

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

フリーエリア

クリックで救える命がある。

ブロとも一覧


つらつら椿

幼幼遊鹿

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。