スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

京都1日目その2 南禅寺の塔頭寺院のひとつ 天授庵の庭園

120226-091449_R.jpg

120226-091505_R.jpg

120226-091833_R.jpg
庭園から望む三門。
120226-091658_R.jpg

120226-092036_R.jpg

120226-092226_R.jpg

120226-092334_R.jpg

120226-093301_R.jpg

120226-093309_R.jpg

スポンサーサイト
23 : 24 : 49 | | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<京都1日目 その1 京都へ向かう道からの伊吹山 | ホーム | 京都1日目その3水路閣>>
コメント

天祥庵というのですか。お庭が素敵ですねぇ。ひっそり奥まった小滝や、難点を透かして見た建物もきれいです。なんいしても建物全体にオーラが出ているような魂を宿していそうな建築物ですね。
ぼつぼつ、鑑賞させていただいてます。
by: HIZAKI * 2012/03/01 21:55 * URL [ 編集] | page top↑
いいお庭でしょ。
足を一歩踏み入れたら、なんだかふーっと安堵に似た楽な気持ちになりました。

700年前の文永元年(1264年)に亀山天皇の離宮として営まれたところを正応四年(1291年)に施捨。深く帰依していた東福寺の大明国師によって禅寺として開創されることを望んでのことだたけれど、施捨後、ほどなく大明国師は亡くなり、その後しばらく放置されることになったそうです。
後の暦応二年(1336年)に開山堂を建立、天授庵(ごめんなさい、メモの字が読みづらく間違えてしまいました。正しくは天授庵です。)と名付けられますが文安四年(1447年)の南禅寺の大火に類焼。荒廃のまま130年余が経過します。
慶長年間に世情が安定。慶長7年(1602年)に現存する、本堂、正門が建て直されたそうです。

庭は枯山水と、池泉廻遊式庭園が同居。経巡る時間も楽しかったです。
by: m. * 2012/03/02 10:07 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://secretgarden77.blog38.fc2.com/tb.php/340-c76b439b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

m.

Author:m.
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

ヤングアダルト (2)
本 (3)
絵本 (3)
本屋 (1)
コンサート (14)
音楽覚え書き (3)
ミュージカル (2)
映画 (5)
DVD (24)
展覧会 (8)
旅 (107)
散歩 (109)
空 (22)
庭 (28)
ランチ (8)
台所仕事 (10)
雑感 (11)
ヤングママ (8)
過去ログ (25)
未分類 (1)
ご挨拶 (3)
お詫び (1)
ダイエット (7)
珈琲・喫茶 (3)
部屋のしつらえ (1)

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント

最新記事

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

フリーエリア

クリックで救える命がある。

ブロとも一覧


つらつら椿

幼幼遊鹿

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。