スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

京都1日目その10 真如堂

昨年10月の京都の旅で偶然「引声念仏」を聴くことができた「真如堂」。
その時には桂離宮見学の予約がしてあったので、本堂や庭園などをゆっくり見ることができませんでした。
哲学の道を歩いていたら、途中「真如堂」と道しるべがありましたので、銀閣寺手前まで歩いたら引き返して真如堂に寄っていこうということになりました。

1988年に曽根三郎氏により作庭された「涅槃の庭」。
石組みが釈迦涅槃図が表されています。
北を頭にお釈迦さま、が横たわり、それを囲んで弟子、生類が嘆き悲しんでいます。
借景の東山が、ちょうど石組みのお釈迦さまと同じような連なりで見える絶妙な配置です。
左端が大文字山。
120226-144144_R.jpg
手前右端に見える大きな石はお釈迦さまの母親。既に彼岸にいて、息子を見守っているのだそうです。
120226-144156_R.jpg
こちらの庭は、2010年重森千青氏によって作庭された「随縁の庭」。
以前からあった植栽を生かして、真如堂を菩提寺とする三井家の家紋「四つ目」の意匠をデザインした庭です。

120226-144344_R.jpg
120226-144401_R.jpg
こちらも、重森氏が真如堂に滞在していた時に作ったものだそうです。
120226-144427_R.jpg

圓山派最期絵師の圓山応挙から7代目の國井應祥によって襖絵が描かれている四季殿。
秋の間。
120226-144642_R.jpg
120226-144652_R.jpg
120226-144713_R.jpg
120226-144725_R.jpg
冬の間。
120226-144758_R.jpg
春の間。
120226-144901_R.jpg
120226-144918_R.jpg
夏の間。
雨に打たれる睡蓮。襖上部の斜めのラインが大雨を表しています。
120226-145033_R.jpg
空が徐々に晴れ上がっていく様子が描かれています。
120226-145014_R.jpg
スポンサーサイト
20 : 33 : 47 | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<京都1日目その9哲学の道へ | ホーム | 京都1日目その11祇園南側の炭火割烹いふき>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://secretgarden77.blog38.fc2.com/tb.php/332-f386bd28
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

m.

Author:m.
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

ヤングアダルト (2)
本 (3)
絵本 (3)
本屋 (1)
コンサート (14)
音楽覚え書き (3)
ミュージカル (2)
映画 (5)
DVD (24)
展覧会 (8)
旅 (107)
散歩 (109)
空 (22)
庭 (28)
ランチ (8)
台所仕事 (10)
雑感 (11)
ヤングママ (8)
過去ログ (25)
未分類 (1)
ご挨拶 (3)
お詫び (1)
ダイエット (7)
珈琲・喫茶 (3)
部屋のしつらえ (1)

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント

最新記事

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

フリーエリア

クリックで救える命がある。

ブロとも一覧


つらつら椿

幼幼遊鹿

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。