スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

「ビッグ」

r080322973MX.jpg
1988年 アメリカ ベニー・マーシャル監督作品

カーニバルの遊園地で、好きな女の子と乗りたかったのに身長制限にひっかかり惨めな思いをした13歳の少年ジョシュ・バスキン。
「願いを叶える魔王」に「大きくなりたい」と願った翌朝、目覚めると外見は30歳に。でも心や経験知は13歳のまま。

親友の少年ビリー(ジャレッド・ラシュトン)の協力とアドヴァイスで就職したジョシュ(トム・ハンクス)。就職先はおもちゃメーカー。
最初はデータ処理の仕事を。
ところが、ある日、自社の製品も扱っているおもちゃ売り場で、はしゃいで遊んでいる時、社長と鉢合わせに。
大きな鍵盤上をステップしながら、演奏していると、社長(ロバート・ロジア)もそれに加わり、周囲には人だかり、ヤンヤ、ヤンヤの大喝采。
このことがきっかけになって、入社まもなく副社長に大抜擢されることに。
同僚の役員ポール(ジョン・ハード)はこのことが面白くない。立身出世だけしか眼中になさそうなポールは、子どもらしい企画を次々にあげてくるジョシュを目の敵にする。
ポールの秘書であり、半ば同棲もしていたスーザン(エリザベス・パーキンス)はジョシュに大人の男としての魅力を感じて、ポールが持っていた自室の鍵を返してもらうことに…。

次第に社会的な常識を身につけ、スーザンともいい感じになり、ビリーとは疎遠になりかけたその頃、調査依頼を出していた「願いを叶える魔王」が、どこにあるのかがわかった。
最終最後、スーザンには「信じて貰えないだろうけれど」と真実を打ち明けるジョシュ。
スーザンの別れのキスはおでこに。この場面、切ない。

脚本は「デーヴ」のゲイリー・ロスとアン・スピルバーグ(スピルバーグの妹)。

監督のペニー・マーシャルは、1943年、ブロンクス生まれ。
「プリティ・ウーマン」「ニューイヤーズ・イヴ」などの監督ゲイリー・マーシャルは兄。
「スタンド・バイ・ミー」「最高の人生の見つけ方」(よかったなぁ、これ)の監督のロブ・ライナーは元夫。
「レナードの朝」(1990)も彼女の作品でした。
Penny_Marshall_cropped_2.jpg

若かりし日(公開当時32歳)のトム・ハンクスの演技が素晴らしい。
外観30歳の中の13歳の少年を見事に演じきっている。

子ども時代を生きることの意味、大人になっていくことの真実、えせ大人がはびこる現実の中でほんものの大人になっていくことって?と、良いテンポで進む荒唐無稽なところもあるコメディーながら、様々考えさせられる作品でした。

SPECIAL THANKS しげちゃん。また、いい映画を教えてくれてありがとう!

スポンサーサイト
11 : 10 : 19 | DVD | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<「ミルコのひかり」 | ホーム | 昨晩はお節くずし>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://secretgarden77.blog38.fc2.com/tb.php/253-cd6d4a43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

m.

Author:m.
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

ヤングアダルト (2)
本 (3)
絵本 (3)
本屋 (1)
コンサート (14)
音楽覚え書き (3)
ミュージカル (2)
映画 (5)
DVD (24)
展覧会 (8)
旅 (107)
散歩 (109)
空 (22)
庭 (28)
ランチ (8)
台所仕事 (10)
雑感 (11)
ヤングママ (8)
過去ログ (25)
未分類 (1)
ご挨拶 (3)
お詫び (1)
ダイエット (7)
珈琲・喫茶 (3)
部屋のしつらえ (1)

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント

最新記事

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

フリーエリア

クリックで救える命がある。

ブロとも一覧


つらつら椿

幼幼遊鹿

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。