スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

時香忘の蕎麦、雪の開田高原、奈良井宿

朝起きて外を見ると、屋根瓦の上にうっすらと雪が…。初雪です。
111218-081950_R.jpg
朝食は軽くすませて早めの昼食を、と9時半頃家を出て、中央道で中津川まで行き、国道19号線におりて木曽福島へ。国道361号線、開田高原の手前にある「時香忘」という蕎麦屋に行きました。

焼きそばがきです。
111218-112812_R.jpg
「夜明け前」という蕎麦。
111218-113350_R.jpg
鴨南蛮です。
111218-114831_R.jpg
窓外の景色もご馳走です。
111218-120932_R.jpg
長峰峠の下をくぐるトンネルを抜けると開田高原。いきなり雪景色がひろがりました。
111218-122410_R.jpg111218-122416_R.jpg

時間に余裕がありましたので19号線まで戻ったあと17kmほど塩尻方面に走り、旧中仙道奈良井宿へ。
真新しい杉玉は、寛政五年(1793年)創業の醸造元「杉の森酒造」のもの。日本一標高の高いところにある醸造元だそうです。
111218-142203_R.jpg
スーパー「かわかみ 山の市場」を探検。いなごの佃煮や、井筒ワイン、あまごの甘露煮なんかがありました。
111218-143850_R.jpg
徳利屋、今は蕎麦や五平餅定食のお店ですが、江戸時代には脇本陣だったそうです。
明治になってからも宿屋として営業し続けていたのでしょうか?島崎藤村や正岡子規が泊まったこともあるそう。
111218-144745_R.jpg
山からパイプでひいてきた湧き水を生活用水にしています。手前に氷が溶けずにありました。
111218-145329_R.jpg111218-145410_R.jpg
木曽谷の山あいにかろうじて開けた宿場町奈良井。墓地は山を切り開いてつくるしかないようです。
111218-150249_R.jpg
スポンサーサイト
13 : 44 : 34 | | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<ジェイン・オースティンの読書会 | ホーム | 昼から京都へ。嵐山花灯路 その3 常寂光寺、そして再び渡月橋>>
コメント
こんばんは
m.さん、こんばんは。

いまさらですが、m.さんはとてもアグレッシブに行動なさっているのですね(笑)
運動量もかなりなものなのではないでしょうか?
私も見習わなくては。
鴨南蛮がとてもおいしそうです。
by: gimonia * 2011/12/19 22:31 * URL [ 編集] | page top↑
gimoniaさん、こんばんは。
そうでもない、と思います。
ここのところたまたま外出が重なりましたけれど。仕事やめちゃってから、目の前に目標(図書館に行く、乾燥ポルチーニ茸を買いに行く、銀行に行く、薬を貰いに行く、くらいなことでも)をぶらさげておかないと一日ゴロゴロしていて終わってしまうというだらしなさなので。
なすがままにしていると運動量限りなくゼロに近い毎日になってしまいます。
なので極力目の前にニンジンをつるすようにしています、自分で。

鴨南蛮、よくあるようなコッテリ甘めのつゆではなく、おいしかったです。
by: m. * 2011/12/20 00:23 * URL [ 編集] | page top↑
開田高原
飛騨に住んでいた時に御嶽山の濁河(にごりご)温泉に
毎週土曜に配達で行ってました。
何度も雪道で危ない目にあっています。
m.さん雪道には、絶対注意ですよ。
この辺りは道も凍ります、冬はやめておいたほうが良いです。
開田高原も何回か行きました。
夏の牧場の木曽馬、素晴らしい景色です。
by: まさる * 2011/12/20 21:57 * URL [ 編集] | page top↑
まさるさん、こんばんは。
濁河温泉は、山奥のそのまた奥、という感じのところですね。毎週行っていらしたのですか、大変!
一昨日も361号線は通れたのは開田高原まで。高山方面への道は全面通行止めになっていました。
開田高原の御嶽山が大きく目の前にそびえる景色は本当に素晴らしいですね。
by: m. * 2011/12/20 23:24 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://secretgarden77.blog38.fc2.com/tb.php/232-9b1cbf81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

m.

Author:m.
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

ヤングアダルト (2)
本 (3)
絵本 (3)
本屋 (1)
コンサート (14)
音楽覚え書き (3)
ミュージカル (2)
映画 (5)
DVD (24)
展覧会 (8)
旅 (107)
散歩 (109)
空 (22)
庭 (28)
ランチ (8)
台所仕事 (10)
雑感 (11)
ヤングママ (8)
過去ログ (25)
未分類 (1)
ご挨拶 (3)
お詫び (1)
ダイエット (7)
珈琲・喫茶 (3)
部屋のしつらえ (1)

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント

最新記事

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

フリーエリア

クリックで救える命がある。

ブロとも一覧


つらつら椿

幼幼遊鹿

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。