スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

淡路島へ その8 宿 けひの海

慶野松原という南北2.5kmに渡って松林の続く海岸にある宿に泊まりました。
DSCN1400_R.jpg
DSCN1405_R.jpg
DSCN1402_R.jpg

夕食は創作会席。
この前に前菜盛りがでて、
これは「椀代わり」の「鰆と蕪 柚味噌 そぼろ餡掛け
DSCN1407_R.jpg

「お造り」はしまあじ、平目、やりいか
DSCN1411_R.jpg

「焼八寸」の真名鰹のソテー白ワインソース、ハリイカと鯖 酢味噌和え、冷製鳴門金時スープ

写真がボケてますね。見苦しくてごめんなさい。後者2品がことに美味しかったので記録のために残しておきます。
DSCN1412_R.jpg
「肉料理」淡路ビーフ(もも、ひれ)ステーキ ポルチーニリゾット添え

この後、「炊物」 海老芋と焼き甘鯛 百合根スープ仕立て
「食事」 鯛と小芋の炊込み御飯、赤出汁、香の物
と続きましたが撮影失敗。なさけない。
DSCN1414_R.jpg
こちらが「本日のデザート」台湾アイスクリーム。
知りませんでしたが数年前にブレイクしたみたいですね。薄くて、かそけき口当たり。
DSCN1421_R.jpg

この北欧っぽいペンダントライトがダイニングルームによくあっていました。
DSCN1422_R.jpgDSCN1423_R.jpg

DSCN1424_R.jpg
DSCN1425_R.jpg
DSCN1426_R.jpg
DSCN1428_R.jpg
スポンサーサイト
09 : 48 : 10 | | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<淡路島へ その7 夕陽 | ホーム | 帰り道はJR千種駅まで歩きました。>>
コメント
淡路
地元でありながら淡路島へ10年ほど行ってないです。
親父の故郷で子供の頃は神戸から船で行ってました。
暖かく自然いっぱいの淡路島大好きです。
梢さんの写真でこういうところがあるのを教えていただきました。
ありがとうございました。(^o^)丿
by: まさる * 2011/11/29 22:46 * URL [ 編集] | page top↑
まさるさん、こちらこそありがとうございました!
教えていただいた「淡路夢舞台」リンクまでして下さったおかげで、計画の輪郭ができて本当に助かりました。
温室も百段苑も素敵でした。

ナビ通りに行ったのですが、行きは中国自動車道経由、帰りは阪神高速、京滋バイパス経由と、違う道を案内したのには驚きました。
家から淡路島の入り口淡路IC、淡路ICから家、行きも帰りも3時間でした。

温室と夕焼けの写真を撮りすぎてバッテリーがあがっちゃったので1日目の写真しかないのです。帰り道、明石海峡大橋の上からの神戸の夜景がきれい、と聞いたので6時半くらいに通ったのですが聞きしに勝る光景でした。
あたかも光の中に飛び込んでいくようで。
by: m. * 2011/11/29 23:25 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://secretgarden77.blog38.fc2.com/tb.php/193-c0e3cf1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

m.

Author:m.
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

ヤングアダルト (2)
本 (3)
絵本 (3)
本屋 (1)
コンサート (14)
音楽覚え書き (3)
ミュージカル (2)
映画 (5)
DVD (24)
展覧会 (8)
旅 (107)
散歩 (109)
空 (22)
庭 (28)
ランチ (8)
台所仕事 (10)
雑感 (11)
ヤングママ (8)
過去ログ (25)
未分類 (1)
ご挨拶 (3)
お詫び (1)
ダイエット (7)
珈琲・喫茶 (3)
部屋のしつらえ (1)

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント

最新記事

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

フリーエリア

クリックで救える命がある。

ブロとも一覧


つらつら椿

幼幼遊鹿

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。