スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

宮田大チェロ・リサイタル@宗次ホール 2011.11.4

チェロの宮田大。BS朝日で放映された『カルテットという名の青春 ~太郎、マドカ、麻理子、大と歩いた1371日~』 というドキュメンタリーで知りました。
日本人初のロストロポーヴィッチコンクール優勝者です。
ピアノ伴奏はカナダで生まれ育ちカナダ国籍の柳谷良輔。
会場の宗次ホールは2007年3月に開館したクラシック専門のコンサートホール。
クラシック音楽愛好家のCoCo壱番屋の創業者宗次徳二が私財を投じ建設しました。
CoCo壱番屋は本部が愛知県一宮市にあるのです。

この日のプログラムは
ラフマニノフ   ヴォカリーズ
ドビュッシー   チェロ・ソナタ
ポッパー     ハンガリアン狂詩曲 作品68
R・シュトラウス  チェロ・ソナタ ヘ長調 作品6

アンコールは ファリャ ナナ(子守歌)
         ファリャ 火祭りの踊り
         尾高尚忠 夜曲
         あと一曲、ジャズ風のチャーミングな曲でしたが聞き慣れない作曲家と曲名を覚えきれませんでした。

ラフマニノフ とポッパーは、ヤーノシュ・シュタルケルのCDで繰り返し聴いてきた曲。
シュタルケルの演奏とはまた違った熱のある演奏でした。
シュタルケルがあまりに軽々と演奏しているのでテンポよく気持ちいいとしか感じなかったポッパーのハンガリアン狂詩曲。実はかなりの技巧を要する難曲だったのだと、最前列で指使い、演奏を間近に見聴きして感じました。
ドビュッシーのチェロ・ソナタははじめて聴きました。ふだん耳にしてイメージするドビュッシーとはひと味違うチェロが主役の曲でした。

アンコールの4曲はどれも素晴らしい演奏でした。
日本的な情緒もただよわせた美しい「夜曲」を作曲した尾高尚忠さんは、指揮者の尾高忠明さんのお父様。

宮田大オフィシャルサイトはこちら。http://www.daimiyata.com/
柳谷良輔のオフィシャルサイトはこちらhttp://www.ryoyanagitani.com/ 
DSCN0868_R.jpg

ホールは客席310。1階席は232席ですので、どこに座ってもごく近くで演奏を愉しめます。
舞台の高さは40cm。最前列ですと、ほぼ向き合っている感じです。
そして、エントランスやホワイエ、そして上の写真には写っていませんが舞台の天上近いかなり高いところなどいたるところにほどよい感じで花が飾られています。
写真はトイレに置いてあった花束。

DSCN0869_R.jpg
スポンサーサイト
20 : 14 : 54 | コンサート | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<10歩歩いて紅葉狩り | ホーム | ホットワイン>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://secretgarden77.blog38.fc2.com/tb.php/157-d97f26b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

m.

Author:m.
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

ヤングアダルト (2)
本 (3)
絵本 (3)
本屋 (1)
コンサート (14)
音楽覚え書き (3)
ミュージカル (2)
映画 (5)
DVD (24)
展覧会 (8)
旅 (107)
散歩 (109)
空 (22)
庭 (28)
ランチ (8)
台所仕事 (10)
雑感 (11)
ヤングママ (8)
過去ログ (25)
未分類 (1)
ご挨拶 (3)
お詫び (1)
ダイエット (7)
珈琲・喫茶 (3)
部屋のしつらえ (1)

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント

最新記事

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

フリーエリア

クリックで救える命がある。

ブロとも一覧


つらつら椿

幼幼遊鹿

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。