スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

「黒水仙」

1946年 イギリス 原題:BLACK NARCISSUS

原作のルーマ・ゴッデンは大好きな作家。
以前から観てみたかった作品でしたが…。
r080198615MX.jpg

ヒマラヤ山麓の険峻な山の上に建つかつての王様の後宮跡で女子修道院を運営するため派遣された修道女たちの話。

若くして院長に抜擢され自信満々の院長。しかし現地での信仰、常識に翻弄され思うにまかせない日々の中で、自ら封印してきた果たされなかった恋の顛末が脳裏をよぎるようになります。自分のことよりアメリカに渡って成功することが大事だったろくでもない男との恋が…。

はなから、果たして上手く対応できるのか危ぶまれていた修道女シスタールースが徐々に壊れていきます。自信がない自分に優しく声をかけてくれた現地になじんで暮らすイギリス人に恋心を抱いたルースは、まったくの妄想で院長も彼に気があると思い込み、修道服を脱ぎ捨て彼の元に走ります。彼は「その気はない」とにべもない。
やもなく修道院に戻ったシスタールースは、崖の上の鐘楼で鐘をつく院長を突き落とそうとして転落。
このことがあって、女子修道院は閉鎖。修道女たちはイギリスのに帰っていきます。

異教徒の教化を目的に出かけたけれど思うにまかせない状況に、何を思い、どう変わったか(内面の変化という意味で)が深いところで描かれていないので、俗を捨てた筈の修道女たちにもどろどろの情念があるのだ、という表層的なことしかこちらには届いてこないように感じました。

kawanouede.jpg

『川の上で』(ヘルマン・シュルツ 徳間書店)という1930年代イギリス統治下のアフリカに布教にいったドイツ人宣教師の父娘の話があります。現地の人々に触れ、自分の内面を問うことになっていく宣教師のさまが描かれた秀作です。この本についてかつて書いた感想です。

スポンサーサイト
12 : 42 : 35 | DVD | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<我が家の小鳥たち | ホーム | 本町おりべストリート>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://secretgarden77.blog38.fc2.com/tb.php/154-c4e71a24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

m.

Author:m.
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

ヤングアダルト (2)
本 (3)
絵本 (3)
本屋 (1)
コンサート (14)
音楽覚え書き (3)
ミュージカル (2)
映画 (5)
DVD (24)
展覧会 (8)
旅 (107)
散歩 (109)
空 (22)
庭 (28)
ランチ (8)
台所仕事 (10)
雑感 (11)
ヤングママ (8)
過去ログ (25)
未分類 (1)
ご挨拶 (3)
お詫び (1)
ダイエット (7)
珈琲・喫茶 (3)
部屋のしつらえ (1)

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント

最新記事

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

フリーエリア

クリックで救える命がある。

ブロとも一覧


つらつら椿

幼幼遊鹿

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。