スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

山吹とゼフィランサス

IMG_3371 -2JPG

今日、歩いていたら、黄色い山吹が咲いていました。2歳から暮らしていた家の裏庭、隣家との境の垣根のそばにありました。カクレンボのとき、そのあたりに隠れていたときのドキドキまでが蘇ります。

IMG_3373-2.jpg

その庭に咲くのが楽しみだったのがゼフィランサス。種が自然にこぼれたのでしょう。たくさんありました。

tamasu1.jpeg

そして、南面の台所の窓には赤のつる薔薇が…。

歩いていて、それらに行き会うと、時を超えて幼い頃の、陽光降り注ぐ日だまりに戻っていきます。
休日、さほどお酒に強くなかった父が、到来物でもあったのでしょうか、ウイスキーのグラスを手にしている。「どんな味?」と所望する、ひとなめで燃えたのど、の、その感触とか。

4/16に「ハーメルンの笛吹を追え!」から引用した一節。

日に一度は立ちどまって、その瞬間を味わってごらん。まわりを見まわす。色やにおいや音に注意をはらう。そしてそのすべてを、自分のなかに取りこむ。その瞬間がすぎてしまったら、次の瞬間がどんなものになるのかだれにもわからないんだから。(P38-39より引用)

「その瞬間を味わう」ために五感を開いていることができる自分でいられる、って?と考えたときのびのびとありのままを許されてそこにいることができるときなのだろうな、と思います。

心に何かを心底楽しめる余裕があるとき、美の奥行き、味わいの深み、手触り肌触りのディテール、馥郁たる香り、静けさに内包される音の豊かさに触れる経験を重ねることになるのでしょう。

そして「瞬間を味わう」ことを重ねた経験からくる「愛着」が暖かな心持に繋がっていく。

2009年4月5日(日)の朝日新聞での、皆川明さん(服飾デザイナー 1995年にミナ ペルホネン 設立)へのインタビュー記事(聞き手・帯金真弓 「くらし考 -皆川明さんと)にはこんな一節がありました。

 当然かもしれませんが、洋服も生活デザインの一部だと思っています。例えば器なら、日常の中で使っていくうち形やデザインに、そして使い勝手や機能性に喜びを感じます。それは使った人の実感で、自分自身の感じ方に価値があるものです。でも服は生活実感より、トレンドという外部の情報や評価に左右されがちです。
 服は着心地のよさはもちろん、高揚感を起こさせるものだと僕は考えます。日常に流れる時間の中で、何度袖を通しても、うれしかったり、楽しかったり。それが服への愛着につながると、14年続ける中で実感しています。


「使った人の実感で、自分自身の感じ方に価値がある」、という生活実感に根ざしたモノや服との対峙の姿勢に惹かれます。
スポンサーサイト
23 : 48 : 58 | 雑感 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

庭に来た小鳥

IMG_3381-2.jpg

IMG_3378-2.jpg

1週間前のこと、2日続けてやってきました。
しばらく庭で虫をついばんだり、娘の自転車が気に入ったのか、籠やハンドルにとまったり、窓を開けても、カメラを向けても動じる様子がありません。
セグロセキレイやヒヨドリが、木々にとまっているのを見たり、鴬のさえずりを間近に聴いたりすることはままありますが、庭のおりてきて、これほどまでに物怖じしない小鳥ははじめてです。

IMG_3377-2.jpg
00 : 12 : 36 | 雑感 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

セラ

ネフ社の積み木「セラ」で、ひとり遊び。
これでバランスを保っているのですが、微妙なバランスゆえちょっとしたことでくずれてしまいます。
撮影にこぎつけるまで一苦労。

DSCN0325_convert_20110920104554.jpg
18 : 18 : 38 | 雑感 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

盗人萩と??黄色い花

DSCN0327_convert_20110920104629.jpg

以前、空き地経由で、家に帰ることが多かった時には、盗人萩の種俗に言う「くっつき虫」が衣服にたくさんついてきて大変でした。

でも花は小さいながら可憐。

隣の黄色い花も抜きそびれの雑草(どなたか名前をご存知でしたら教えて下さい。)が咲かせた花。
ちなみにこのガラス瓶は高さ2.7cmです。
11 : 44 : 25 | 雑感 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

我が家の小鳥たち

背景が赤の白い小鳥は倉敷の古本屋蟲文庫からやってきました。
DSCN0837_R.jpg

奥のカードはオランダ18世紀から19世紀のタイル。実物が欲しい!
常滑のINAX MUSEUMに行くと見られるかもしれません。
手前のカードは「フジカワエハガキ」。
DSCN0838_R.jpg

これはクリスマス・オーナメントなのでしょうが、いつも飾ってあります。
DSCN0839_R.jpg

子どもたちが小さい頃は、めったに高速は使いませんでした。下道国道19号線を走って松本方面に行く時に、奈良井を過ぎたあたりの木工製品の店にいた木彫りの鳥たちです。高速を使わない、ではなく使えない経済状況の我が家でも買って帰れる価格でした。出かけるごとに一羽ずつ連れ帰りました。
ちなみに、いろいろある石は、同じ頃夏休みに東北周遊7泊8日の旅をした時に子どもたちとあちこちの海岸で拾ったもの。奥の額装の絵はクロモリトグラフィー。
DSCN0840_R.jpg

リチャード・ドイルの絵本『妖精の国で』(In Fairy Land)1870年木口木版で刷られています。
DSCN0841_R.jpg

鹿児島睦さんの陶製のオブジェ。
並んでいる器は、安藤美樹さんの作品。
DSCN0843_R.jpg

神戸の鯉町筋の木のおもちゃの店から連れてきた小鳥。土台の黒い部分を廻すときゅるきゅると可愛らしい声で鳴きます。
隣りのオブジェは田原幸二さんの作品「小さい街」。
DSCN0844_R.jpg

多治見の花屋さんカトリエムからやってきた小鳥。下のお皿はフランスの古いもの。恵比寿のタミゼで。
DSCN0847_R.jpg

平島毅さんの“toy’s night”。染色で描かれています。「よだかの星」をイメージしたものだそうです。
DSCN0849_R.jpg

軽部めぐみさんの作品です。
DSCN0850_R.jpg
絵本の仕事、挿絵の仕事をされています。
4893173723.jpg51tu9cF-QGL__SL500_AA300_.jpg

何年か前長女が次女と紙粘土を買い込んで、いろいろつくりました。その中の2つ。
DSCN0851_R.jpg

こちらもクロモリトグラフィー。
DSCN0853_R.jpg

輸入おもちゃと絵本の店「くらっべ」さんの天上につるしてあったのを分けて貰いました。
DSCN0852_R.jpg

こちらは本町おりべストリートの古いもののお店、三角屋さんで。
DSCN0858_R.jpg20061217_84962.jpg



09 : 43 : 22 | 雑感 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
| ホーム | 次ページ

プロフィール

m.

Author:m.
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

ヤングアダルト (2)
本 (3)
絵本 (3)
本屋 (1)
コンサート (14)
音楽覚え書き (3)
ミュージカル (2)
映画 (5)
DVD (24)
展覧会 (8)
旅 (107)
散歩 (109)
空 (22)
庭 (28)
ランチ (8)
台所仕事 (10)
雑感 (11)
ヤングママ (8)
過去ログ (25)
未分類 (1)
ご挨拶 (3)
お詫び (1)
ダイエット (7)
珈琲・喫茶 (3)
部屋のしつらえ (1)

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント

最新記事

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

フリーエリア

クリックで救える命がある。

ブロとも一覧


つらつら椿

幼幼遊鹿

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。